トップイメージ
特定調停という方法も任意整理とほぼ同じく、債権者に対し債務の返済を続けることを前もって決めた借金を整理する形となります。わかりやすくいうと裁判所における負債の整理ということができます。特定調停による方法も任意整理と同じく、自己破産手続きとは違い一部の借金のみをまとめていくことができるため、他の連帯保証人が関連する負債を除いて手続きする際や住宅ローンの分を除いて整理をしたい際なども用いることが可能になりますし財産を手放してしまう必要がないため、クルマや住宅などの個人資産を持っていて、処分してしまいたくない状況でも活用可能な借金整理の方法です。手順を踏んでからの返済に必要な額と実際としての給与等の収入を比較し、だいたい返済の計画が立つようであればこの特定調停による手続きを進めていくほうが良いといえますが破産宣告とは異なって借金自体が消滅してしまうということではないため元金の総額がかなりある場合には実際に特定調停の手続きを実行するのは困難だといえるでしょう。あと、この解決策の場合は国の機関が介在しますので弁護士等に見てもらわなくても不利な立場に立たされる心配はないという点や解決のための金額を低くおさえられるというメリットは良いのですが、お金の貸し手からのきびしい取り立てに自分で回答することになる点や所定の裁判所に何度か顔を出す必要があるなどといった注意点もあります。任意による整理と比較すると調停が終わる段階で同意が得られないときには借入利息をそのままの状態で返済していかなければいけないという点やお金の貸し手に対して返すお金が任意による整理の場合と比べて割が合わないことがあるなどの留意点もあります。

リンク

Copyright © 1998 www.bitartoki.com All Rights Reserved.